2011年11月21日

映画とある飛空士への追憶Blu-rayのレビュー

映画 とある飛空士への追憶 Blu-ray プレミアム・エディションのレビューは以下のとおり。

原作とは別物と割り切って観るほうが良い。

ラストのクライマックスに力を集中した感じ。

音楽は非常に素晴らしい。

キャラクターデザインも映画に相応しい水準であったと思う。さすがは「ああっ女神さまっ」の松原秀典。


原作を知らないで見に行きましたが面白かった。

かなり思い切って恋愛ものに振りきったなと思いました。

主役の子は、声優じゃないので、いわゆる声優じゃない感じの演技をしてます。

ファナが可愛いと思えれば勝ち。

ローマの休日的な映画。

なんか再度観たい気分になるのは不思議。


とある飛空士への追憶 Blu-ray プレミアム・エディションの購入はここをクリック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。